トップページ > 看護部紹介 > 看護部理念・基本方針・目標

看護部理念・基本方針・目標

理念

思いやりのある看護の実践

基本方針

  1. 患者が置かれている状況から、より多くの必要な看護に気づきます。
  2. 科学的根拠に基づいた安全な看護を提供します。
  3. 患者の権利を尊重した看護を提供します。
  4. 思いやりのある看護を提供できる組織文化を醸成します。
  5. 患者への医療を継続できるように、地域と連携した看護を展開します。

令和2年度方針と目標

看護部運営方針

  1. 一人ひとりが看護に誇りとやりがい感をもち、組織コミットメントを高める。
  2. ワーク・ライフ・バランスを図りつつ、専門職として自己成長できる組織をつくる。
  3. 地域の医療・介護・福祉施設、行政等と連携し、地域医療に貢献できる体制を整える。
組織コミットメント 個人が所属する組織へ気持ちの上でのつながりを作り、その場で能力を発揮し、組織に貢献しようとすること。

目標

目標1

各部署の看護の質に関する課題に対し、問題解決技法を活用して5月末までに現状分析し、以後PDCAサイクルを展開しながら改善計画に取り組み、令和2年12月末までに目標値を達成することができる。

評価指標
  1. ① 目標値はQuality Indicator(医療の質)等の数値化した目標値を設定する。
到達基準

①~③すべてを行えること

  1. ① 部署で決定した看護の質改善のための目標値が達成していること。
  2. ② 真の問題と原因の分析、行動計画の立案を部署以外の者を加え行うこと。
  3. ③ 7月~12月にPDCAサイクルを展開し、評価・計画の修正を繰り返すこと。

目標2

令和2年12月末までに、多職種と連携し、患者の「その人らしさ」を尊重した意思決定支援を部署で設定した患者の8割以上に実践することができる。

  • 意思決定支援とは、選択に必要な情報収集活動、代替手段の探索と列挙を行う設計活動、および代替手段を評価し最適なものを選択する活動である。
  • 「その人らしさ」を尊重した意思決定支援とは,「その人の思いを引き出し、専門的な援助関係を前提に『自己選択・自己決定』に基づいた『QOL』を高めるケアであり、『自己実現』や『自立』を達成すべく創造されるケアの実践過程である」と定義する。
  • 部署で設定する患者の目安は、月10症例以上とする。
評価指標
  1. ① 多職種で連携した意思決定支援を行い、その支援の経過が記録されている。
  2. ② 意思決定支援に関する患者満足度を評価する。
到達基準

①~②すべてを行えること

  1. ① 多職種で患者・家族の価値観を共有し、意思確認を行い、意思決定支援を行っている記録がなされている。
  2. ② 7月~12月に意思決定支援に関する患者満足度を対象患者全員に調査し、課題の抽出・改善ができる。