トップページ > 病棟・部署紹介 > 看護単位の紹介・病棟東8階

看護単位の紹介

病棟東8階

 消化器内科では、消化器疾患で主にがんの患者さんが入院され、化学療法、放射線治療、内視鏡などの治療を行っています。血液感染症内科では、白血病、悪性リンパ腫等で、化学療法や放射線治療、造血幹細胞移植等の治療を行っています。

 看護師は、検査や治療後にともなう症状・副作用の観察、症状緩和、精神的援助などを行います。がんの早期から、緩和へ移行する段階まで、多岐にわたる患者さんが入院しているため、学べることがたくさんあります!また、看護師間や医師、薬剤師、栄養士、理学療法士など、他職種で意見を出し合い連携しています。

東8階には、がん化学療法看護認定看護師1名、家族支援専門看護師1名が勤務しているため、病棟看護師は専門的な知識を得ながら看護を提供しています。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!