トップページ > 病棟・部署紹介 > 看護単位の紹介・放射線部・光学医療診療部

看護単位の紹介

放射線部・光学医療診療部

 放射線部ではⅩ線を使った検査や治療を行なっています。
 血管造影室では、心臓・頭部・腹部血管の造影検査や血管内治療を行っています。医師・看護師・放射線技師その他コメディカルが協力して行なっています。


内視鏡を用いて消化器疾患、呼吸器疾患の検査・治療を行っています。上部消化管内視鏡・大腸内視鏡・小腸内視鏡・小腸カプセル・内視鏡的逆行性膵胆管造影・気管支鏡などの特殊検査や、ポリープの粘膜切除術、早期癌の内視鏡的粘膜下層剥離術など様々な治療を行っています。


放射線治療棟

 専従看護師が1名います。
 外来通院し放射線治療を受ける患者さんが、日常生活を送りながら最後まで放射線治療を受けられるように、異常の早期発見に努めています。また、患者さんがいつでも相談できるように、きめ細やかな配慮を心掛けています。

学習会

 患者さんに安全な医療を提供するために、看護の振り返りや、シミュレーション学習などの学習会を定期的に開催しています。シミュレーション学習には、医師やコメディカルも参加しており、チーム医療の訓練の場にもなっています。


消化器内視鏡技師2名

最新の治療に対応するための専門的な知識と、適切に機器を取り扱うための知識を習得しました。 患者さんが、安全な検査を受けられるように配慮しています。

インターベンションエキスパートナース2名

治療方法に関する知識に加え、解剖生理や疾患についての専門的知識を習得しました。これらの知識を後輩指導にも役立てています。