トップページ > 病棟・部署紹介 > 看護単位の紹介・病棟西4階

看護単位の紹介

病棟西4階

病棟西4階は36床の小児病棟です。
血液疾患、腫瘍、アレルギー、感染症などの患児が入院されます。
 プレパレーション  検査・手術・治療は年齢に応じてわかりやすく説明します。
 看護師は小児の成長発達を大切にし、医師、薬剤師、栄養士、理学療法士、臨床心理士等と連携し、チームで支援しています。また、ご家族の思いを大切に、少しでも病気と向き合い、頑張れるよう支援しています。

<プレパレーショングッズ>

 看護師の教育はプリセプターシップを導入し、成人の基本技術、小児の発達と安全、疾患と看護、小児看護技術、救急蘇生、 告知や倫理的問題などを実践的に学びます。
 2名の保育士は療養中の子供たちの成長・発達支援、育児相 談を行い、時には保護者不在時の保育を行います。
 長期入院時、継続して学習が行えるよう、院内学級「むくの木学級」が設置されています。定期的に小学校の児童との交流が行われています。

入院中の患者さんがリフレッシュできるよう、月1回のホスピタルクラウンの訪問、看護師と医師、保育士、教師、ボランティアと一緒に、季節行事を企画しています。また、患者家族からなる「わたぼうしの会」による季節イベント(縁日など)、「ゆいの会」による工作・絵本の読み聞かせなどを開催しています。

多職種カンファレンス

<ホスピタルクラウン&縁日>