トップページ > 病棟・部署紹介 > 看護単位の紹介・病棟西7階

看護単位の紹介

病棟西7階

西7階病棟には糖尿病・内分泌内科、免疫・膠原病内科、皮膚科、消化器内科、整形外科の患者さんが入院しています。

西7階病棟の特徴 生活習慣病や膠原病、アトピー性皮膚炎、皮膚や消化器の慢性疾患では、病状への対応のみならず、患者さんやご家族に対して教育的関りや疾患と長く付き合っていくために精神的なケアも行っています。その一方で、皮膚科・整形外科、消化器内科の手術を要する患者さんへの急性期看護も行っており、幅広い知識が必要となります。私たち西7階病棟の看護師は人とのつながりを大切にし、一人一人の患者さんの声に耳を傾け、日々看護に励んでいます。

糖尿病療養指導士を中心に、医師・薬剤師・栄養士と協力して、毎月糖尿病教室を開催しています。11月には世界糖尿病デーに合わせて展示やクッキング教室なども行っています。入院中の患者さんやご家族だけでなく、一般の方々にも健康に興味を持っていただけるような機会を提供できるよう取り組んでいます。 また、患者会の企画・運営にも携わっています。

お花見、BBQ、忘年会、新年会、送別会など季節ごとのイベントを開催しています!スタッフ同士のつながりも大切にしています。