トップページ > 病棟・部署紹介 > 看護単位の紹介・医療連携センター

看護単位の紹介

医療連携センター

医療連携センター

医療連携センターは、医師・看護師・医療サービス課事務員・ソーシャルワーカー・パスコーディネーター・がんピアサポーター等、多職種が協力して業務を行っています。看護師は4名と数は少ないですが、長年培った看護経験を生かし、患者さんが療養中や退院後に生じる悩みや困りごとに対して、支援を行えるように努めています。医療連携センター看護師は、がん看護専門看護師、社会福祉士、ケアマネジャーなどの資格を有し、患者さんの多様なニーズにこたえることができるよう、日々研鑽しています。

センター看護師が行っている主な業務を紹介します
【相談業務】
  1. がん相談 がん相談支援センターを開設し、がんに関する医療や、がん患者の生活、緩和についての相談に対応しています。
  2. 看護相談 患者とご家族の療養についての相談に対応しています。
  3. 退院調整 退院後の生活に不安がある患者さんに対して、不安が緩和できるよう、地域の医療福祉関係者と連携し、退院調整を行います。
  4. 難病相談 難病患者に係る医療福祉関係者に対して、療養生活上の相談等に対応しています。
  5. がん患者サロン ピアサポーターからの相談業務、運営支援をしています。
【院外研修】
  1. がん、退院調整に関する研修会の開催
  2. 難病コーディネーター研修会の開催
【看護学生に対する教育】
  1. 看護学生に対して、「在宅看護学実習」「統合実習(緩和医療チーム)」を行っています。
【院外活動】
  1. 岐阜地域医療連携室実務者連絡協議会
  2. 岐阜地域の医療・介護・福祉の連絡支援体制構築部会
  3. 国立大学医療連携・退院支援関連連絡協議会
  4. 都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会
  5. 岐阜県がん診療連携拠点病院協議会
  6. 全国難病医療連絡協議会
  7. 岐阜県難病医療連絡協議会 など

私たちは、これからも院内と院外を結ぶ懸け橋となり、連携の輪を広げていきます。