トップページ > チーム医療 > 看護師が活躍するチーム

看護師が活躍するチーム

看護師は多職種によるチーム医療を推進します。

緩和医療チーム

医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーと共にチームを組んで、主治医から依頼された患者さんの問題を解決することを目指しています。病棟の看護師からコンサルテーションを受けた時は、薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーと共に病棟ラウンドを行い、病棟看護師と共にケアの方向性を検討します。緩和医療チームの看護師として心がけていることは、患者さんの苦痛を理解すること、ケアを行う看護師の困難感をサポートすること、院内外のリソースを活用して問題解決をすることです。

感染対策チーム

感染対策チームは院内感染の発生や拡大を最小限にとどめるよう活動しています。主な役割として院内の耐性菌検出状況の把握と対策の確認、感染防止技術に関する手順やマニュアル作成および教育、看護部感染対策委員会の運営およびリンクナースの育成などです。施設との合同カンファレンス、相互ラウンドを行い、自施設のみでなく県内の感染制御の質向上に向けて取り組んでいます。

入退院支援チーム

患者さんがその人らしく住み慣れた場所で生活することを目標にした医療が提供されています。入院センターでは、入院の案内だけでなく、退院後の生活支援への早期介入を行っています。入院後は、ソーシャルワーカーや病棟看護師が協力し、退院支援が必要かどうかをアセスメントし、必要時退院支援計画を立てて患者さんやご家族と関わります。部署ごとに開催日時を決めて、退院支援が必要な患者さんのためのカンファレンスを開催しています。