G-KNOT

FRAXとは?

FRAX®で骨折リスクの評価をしてみましょう

FRAX®(Fracture Risk Assessment Tool)は,将来10年以内の骨折リスクを予測計算するツールでWHO(世界保健機関)が開発しました。

FRAX®は12個のチェック項目で構成された質問票で、自分でチェック項目を入力すれば将来の骨折リスクを算出できます。医療現場でも薬物治療を始めるかどうかの判断に使われることがあります。

FRAX®の骨折リスクが今後10年間で15%以上の方は一度かかりつけ医や病院でご相談されることをおすすめします。

FRAX -WHO骨折リスク評価ツール-

FRAX™の質問項目

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 体重
  4. 身長
  5. 骨折歴
  6. 両親の大腿骨近位部骨折歴
  7. 現在の喫煙の有無
  8. 現在のステロイド服用、あるいは過去に3ヶ月以上の服用の有無
  9. 関節リウマチの有無
  10. I型糖尿病、甲状腺機能亢進症、45歳未満の早期閉経など骨粗しょう症を招く病気の有無
  11. ビール換算で毎日コップ3杯以上のアルコールを飲酒するかどうか
  12. 大腿骨頸部の骨密度(またはBMI)

  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会