G-KNOT

検査

骨粗鬆症の検査

骨の状態を知るための検査には
レントゲン、採血、尿検査、骨密度測定などがあります



■レントゲン
主に背骨のレントゲン撮影によって、骨の状態や骨折の有無などを確認します。

■骨密度測定
〈DXA(デキサ)法〉
2種類のX線をあてて腰椎、大腿骨近位または末梢(手首の骨など)の骨量を測ります。もっとも正確です。
〈超音波法〉
かかとに超音波をあてて骨量を測ります。

■骨代謝マーカー
血液検査や尿検査で、骨がつくられたり溶け出したりする「骨代謝」のバランスを調べます。骨代謝マーカーの高い人は骨量の低下速度が速いことから、現在の骨量にかかわらず骨折の危険性が高くなっています。

特に女性の場合は、骨量が急激に減少しはじめる閉経後くらいから定期的に検査を受けることをおすすめします。

骨密度測定は重要な検査ですが、医療機関、施設によって設置機種は様々です。特に腰椎、大腿骨近位のDXAは診断や治療効果判定に優れています。


  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会