G-KNOT

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量:こつりょう)が減り、骨の強度も低下して骨折しやすくなる病気です。閉経後の女性や高齢者に多く、我が国では急速な高齢化に伴い、患者数は約1300万人と推定されています。

骨粗鬆症になると、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折してしまいます。

また骨粗鬆症は初期には症状がないため、なかなか気がつきません。

背中が丸くなる、身長が縮むといった症状が徐々に起こり、気がついたときにはかなり進行していたということも少なくありません。


  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会