研究・業績

外骨腫研究

スタッフ

准教授
松本 和
助教
石丸 大地

概要

脊椎脊髄関連の研究について、継続して行っているものについて紹介させていただきます。 特に力を入れているのは以下の4つです。

実績

カルパインと脊椎疾患との関連

カルパインの椎間板変性(福田章二、喜久生健太)、黄色靭帯骨化症(井上俊之)(図1:黄色靭帯骨化症におけるカルパインの発現)、後縦靭帯骨化症等(井上俊之、下川哲哉)等種々の脊椎変性疾患との関連について研究を行っています。
図1

脊椎矢状面バランス不良の診察、治療における新たな指標の開発 (HAS-HAT9、Kitchen-Elbow sign)

高齢社会となり高度の脊柱変形によって困っておられる患者さんが増加し、胸椎から骨盤にかけて矯正固定術を行う機会が増えています。矢状面バランス不良を臨床の場で簡便に診断し治療につなげられる指標を様々なパラメーターを解析することで開発せんと研究を行っています。広範囲脊椎骨盤固定術施行時の固定範囲アラインメントを評価する新しいパラメーターとしてHAS-HAT9(ハスハットナイン)(図2)に着目し、検討を重ねています(宮本敬、下川哲哉)。また、矢状面バランス不良例における肘前腕伸側の皮膚異常に着目し、Kitchen-Elbow Sign(キッチンエルボーサイン)として検討を重ねています。第42回日本脊椎脊髄病学会において、Kitchen-Elbow Signに関する研究に対し、Outstanding English Poster Awardをいただきました。


図2

タンデム狭窄における病態、治療効果の検討

高齢化社会のおいて、複数個所における脊柱管狭窄(タンデム狭窄)に罹患する場合が増えています。タンデム狭窄症(頚椎と腰椎、胸椎と腰椎など)罹患症例における病態、治療成績を検討しています。

腰椎椎体間固定における3次元的画像解析

腰椎椎体間固定にキドニー型スペーサーを一貫して用いていますが、本術式の意義、問題点等について、3次元的画像解析を行い、検討を重ねています。

スノーボードによる脊椎脊髄損傷患者の疫学的・臨床的調査および検証

岐阜県のスキー場は高速道路の発達に伴い、愛知県や関西からのスノーボード客が増加しています。これまで、疫学的調査研究を行ってきました(若原和彦、松本和)。そこで、岐阜大学医学部附属病院において2001年以降、当院で手術治療を施行した、スノーボードによる脊椎外傷例について疫学的、臨床的な調査・検討を行っています(増田剛宏、宮本敬)。

歯髄細胞を利用した脊髄再生医療

まだ準備段階ですが、岐阜大学医学部再生医学講座、岐阜薬科大学分子生物学講座等との共同プロジェクトに参画させていただいております。臨床応用を夢見て頑張っていく所存です。(宮本敬)(図3:テレビ放映時の映像)


図3

業績リスト

  1. Fushimi K, Miyamoto K, Hioki A, Hosoe H, Takeuchi A, Shimizu K. Unexpected neurological deterioration due to missed thoracic spinal stenosis after lumbar spinal decompressive surgery: A report of 6 cases of tandem thoracic and lumbar spinal stenosis. Journal of Bone and Joint Surgery-British (JBJS-Br) 95: 1388-1391, 2013.
  2. Iwata T, Miyamoto K, Hioki A, Fushimi K, Ohno T, Shimizu K. Morphological Changes in Contralateral Lumbar Foramen in Unilateral Cantilever Transforaminal Lumbar Interbody Fusion Using Kidney-type Intervertebral Spacers. Journal of Spinal Disorders and Techniques 26: Accepted, 2013.
  3. Fukuta S, Miyamoto K, Suzuki K, Maehara H, Inoue T, Hara A, Kikuike K, Taguchi A, Shimizu K. Abundance of Calpain and Aggrecan-Cleavage Products of Calpain in Degenerated Human Intervertebral Discs. Osteoarthritis and Cartilage 19: 1254-1262, 2011.
  4. Ogura H, Miyamoto K, Fukuta S, Naganawa T, Shimizu K. Comparison of magnetic resonance imaging and computed tomography-myelography for quantitative evaluation of lumbar intracanalar cross-section. Yonsei Medical Journal 52: 137-144, 2011.
  5. Fukuta S, Miyamoto K, Hosoe H, Shimizu K. Kidney-type Intervertebral Spacers Should be Located Anteriorly in Cantilever Transforaminal Lumbar Interbody Fusion (TLIF): Analyses of Risk Factors for Spacer Subsidence for a Minimum of 2 years. Journal of Spinal Disorders and Techniques 24: 189-195, 2011.
  6. Naganawa T, Miyamoto K, Ogura H, Suzuki N, Shimizu K. Comparison of Magnetic Resonance Imaging and Computed Tomogram-Myelography (CTM) for Evaluation of Cross Sections of Cervical Spinal Morphology. Spine 36: 36-56, 2011.
  7. Kikuike K, Miyamoto K, Hosoe H, Shimizu K. One-staged Combined Cervical and Lumbar Decompression for Patients with Tandem Spinal Stenosis on Cervical and Lumbar Spine - Analyses of Clinical Outcomes with Minimum 3 Years' Follow-Up. Journal of Spinal Disorders and Techniques 22: 593-601, 2009.
  8. Patel KP, Sandy JD, Akeda K, Miyamoto K, Chujo T, An HS, Masuda K. Aggrecanases and aggrecanase-generated fragments in the human intervertebral disc at early and advanced stages of disc degeneration. Spine 32: 2596-2603, 2007.
  9. Miyamoto K, Masuda K, Kim JG, Inoue N, Akeda K, Andersson GB, An HS. Intradiscal Injections of Osteogenic Protein-1 Restore the Viscoelastic Properties of Degenerated Intervertebral Discs. Spine Journal 6: 692-703, 2006.
  10. Imai Y, Miyamoto K, An HS, Thonar EJ, Andersson GB, Masuda K. Recombinant Human Osteogenic Protein-1 Upregulates Proteoglycan Metabolism of Human Anulus Fibrosus and Nucleus Pulposus Cells. Spine 32: 1303-1309, 2007.

  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 骨軟骨研究
  • 骨軟部腫瘍研究
  • 脊椎脊髄研究
  • バイオメカニクス研究
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会