診療内容

骨軟部腫瘍外科

スタッフ

整形外科 講師
永野 昭仁
整形外科 助教
次田 雅典
看護学科 教授
西本 裕

概要

骨軟部腫瘍は骨や筋肉、脂肪、神経、血管などにできる腫瘍です。体中のどこにでも発生し、痛みもないことが多く、気が付いた時にはかなり大きくなっていることもよくあります。非常にまれな病気であるため、その診断、治療に当たっては、高度な知識と豊富な経験が必要とされます。私ども岐阜大学整形外科骨軟部腫瘍班は1968年に発足して以来50年の歴史があり、一貫して骨軟部腫瘍の治療、研究に取り組んで参りました。液体窒素処理骨による生物学的再建や、類骨骨腫に対するラジオ波による低侵襲治療など、患者さんのニーズに合わせた幅広い治療を提供できるよう心がけております。近年ではナビゲーションや3Dプリンターによる腫瘍の模型を用いてより正確で精密な手術を行っております。

悪性骨腫瘍

悪性骨腫瘍は骨にできる悪性腫瘍であり、年間10万人当たり0.5人程度の割合で発生するまれな腫瘍です。その中でも最も多いのは骨肉腫で、治療は術前化学療法、手術、および術後化学療法からなります。
手術はほとんどの方が切断ではなく患肢温存手術を行っており、腫瘍切除後に生じた欠損に対しては可能な限り自分の骨を液体窒素などで処理して再利用する、生物学的再建を行っております。また、近年では3Dプリンターを用いて腫瘍の模型を作成することで腫瘍の存在部位や広がりを手術前に十分に検討することで、より正確な手術を行えるようにしています。

図:右大腿骨骨肉腫に対する化学療法。腫瘍は神経血管を巻き込んでおりましたが、術前化学療法によって腫瘍は著明に縮小(写真右)し、患肢温存手術が可能となりました。

図:脛骨(すねの骨)骨肉腫に対する液体窒素処理骨を用いた生物学的再建。病巣を一旦切除し、液体窒素で腫瘍細胞を死滅させた後に、元の位置に戻してプレート固定を行いました。

悪性軟部腫瘍

悪性軟部腫瘍は年間10万人当たり2人程度に発生するまれな腫瘍であり、全身のどこにでも発生し、その種類も多いことより正確な診断はもとより、その治療は高度な専門的知識を必要とします。腫瘍の周囲の正常な組織とともに切除を行う、広範切除(こうはんせつじょ)が基本となる治療ですが、体の深いところにできた、サイズが大きく悪性度の高い腫瘍に対しては、化学療法も併用します。手術では腫瘍の完全な切除が最も大切なため、術前にはCT、MRIをはじめとする精密検査を十分に行い、適切な切除範囲を計画します。重要な神経、血管が腫瘍に接している場合は、手術中に温存が可能かどうか判断できる方法(In-situ preparation法)を用いています。

図:左大腿悪性軟部腫瘍に対するIn-situ preparation法を併用した切除。腫瘍は神経に接していたため(写真左)、神経をつなげたまま腫瘍を持ち上げてその下にビニールシートを敷き(写真中)、腫瘍細胞の散布を防止したうえで、神経を剥離しました(写真右)。神経への腫瘍の浸潤はなく、神経の温存が可能でした。

良性骨腫瘍

良性骨腫瘍は痛みなどの症状がない場合、多くは経過観察を行います。症状があったり、腫瘍のために骨が弱くなって骨折のおそれがある場合は手術を行います。私どもは良性骨腫瘍に対して、患者さんの負担が少ない、低侵襲な手術を心がけております。 類骨骨腫は夜間痛が特徴的な良性骨腫瘍ですが、その根治療法は病巣の切除が行われます。私どもはCTガイド下ラジオ波による低侵襲治療を行っており、良好な治療成績を得ております。
また、良性でも再発を来しやすい腫瘍に対しては十分に切除を行い、かつ、術後機能が最大限に残せるような手術を計画します。

図1:CTガイド下ラジオ波による類骨骨腫に対する小侵襲手術。左大腿骨近位部の類骨骨腫(写真左)に対して、CTにて位置を確認しながら病巣にガイドピンを刺入(写真中)し、ラジオ波の熱で病巣を焼灼(写真右)しました。術後速やかに疼痛は消失しました。

図2:橈骨遠位端に発生した骨巨細胞種に対する手術。非常に再発を来たしやすい腫瘍であるため、病巣の切除を行い、血管柄付き腓骨を移植して手関節固定を行いました。

良性軟部腫瘍

良性軟部腫瘍もその多くは経過観察となりますが、痛みなどの症状がある場合は切除を行います。その場合もできるだけ低侵襲な手術を心がけております。

図:前腕部神経鞘腫に対する核出術。

多発性外骨腫外来について

多発性外骨腫は全身の骨に発生する良性の骨腫瘍で、遺伝性の疾患です。その多くは無症状ですが、中には痛みを生じたり、関節の動きが悪くなったり左右の手足の長さが異なることもあり、その際は手術を行います。当科では月に2回外骨腫専門外来を行っております。詳しくは担当医ホームページなどをご覧ください。
松本医師ホームページ:http://kmatsu.jimdo.com/
岐阜大学病院ホームページ:http://hosp.gifu-u.ac.jp/

図:多発性外骨腫に対する手術。腫瘍が大きく膝の屈伸で疼痛を来たすようになったため切除を行いました。術後疼痛は消失しました。

患者さんをご紹介いただける先生方へ

骨軟部腫瘍外来にご持参いただける画像などにつきまして

平素より貴重な症例のご紹介をいただき誠にありがとうございます。ご紹介いただける際にご持参いただく画像につきまして、特に規定の撮像条件などはございません。可能であれば当方で腫瘍の種類や発生部位に合わせて条件や撮像範囲を変えて再度検査をさせていただくことがあることをお伝えいただければ幸甚に存じます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

岐阜大学整形外科 骨軟部腫瘍班 永野昭仁

業績

2019年

  1. Nishibori H, Kato H, Kawaguchi M, Nagano A, Matsuo M. T2*-weighted MR imaging findings of giant cell tumors of bone: radiological-pathological correlation. Jpn J Radiol. 2019 Mar 11.

2018年

  1. Hirakawa A, Nagano A, Komura S, Ishimaru D, Kawashima K, Akiyama H. Reconstruction of a malignant soft tissue tumor around the elbow joint using a frozen autograft treated with liquid nitrogen, in combination with a free anterolateral thigh flap: A report of two cases. Case Reports Plast Surg Hand Surg. 2018 Nov 8;5(1):80-86.
  2. Tanaka K, Ogawa G, Mizusawa J, Naka N, Kawai A, Takahashi M, Hiruma T, Matsumoto Y, Tsuchiya H, Nakayama R, Hatano H, Emori M, Hosaka M, Yoshida Y, Toguchida J, Abe S, Asanuma K, Yokoyama R, Hiraga H, Yonemoto T, Morii T, Matsumoto S, Nagano A, Yoshikawa H, Fukuda H, Ozaki T, Iwamoto Y. Prospective comparison of various radiological response criteria and pathological response to preoperative chemotherapy and survival in operable high-grade soft tissue sarcomas in the Japan Clinical Oncology Group study JCOG0304. World J Surg Oncol. 2018 Aug 10;16(1):162.

2017年

  1. Nagano A, Ishimaru D, Nishimoto Y, Akiyama H, Kawai A. Primary bone sarcomas in patients over 40 years of age: A retrospective study using data from the Bone Tumor Registry of Japan. J Orthop Sci. 2017  Jul;22(4):749-754.
  2. Nakamura T, Katagiri H, Shido Y, Hamada S, Yamada K, Nagano A, Yamada S, Tsukushi S, Ishimura D, Matsumine A, Sudo A, Nishida Y. Analysis of Factors for Predicting Survival in Soft-tissue Sarcoma with Metastatic Disease at Initial Presentation. Anticancer Res. 2017 Jun;37(6):3137-3141.
  3. Ishimaru D, Nagano A, Terabayashi N, Nishimoto Y, Akiyama H. Suprascapular Nerve Entrapment Caused by Protrusion of an Intraosseous Ganglion of the Glenoid into the Spinoglenoid Notch: A Rare Cause of Posterior Shoulder Pain. Case Rep Orthop. 2017;2017:1704697. doi: 10.1155/2017/1704697. Epub 2017 May 23.
  4. Everolimus for Treatment of Pseudomyogenic Hemangioendothelioma. Ozeki M, Nozawa A, Kanda K, Hori T, Nagano A, Shimada A, Miyazaki T, Fukao T. J Pediatr Hematol Oncol. 2017 Jan 24. doi: 10.1097/MPH.0000000000000778. [Epub ahead of print]

2016年

  1. Feasibility and efficacy of gemcitabine and docetaxel combination chemotherapy for bone and soft tissue sarcomas: multi-institutional retrospective analysis of 134 patients. Tanaka K, Joyama S, Chuman H, Hiraga H, Morioka H, Yoshikawa H, Hosaka M, Takahashi M, Kubo T, Hatano H, Kaya M, Toguchida J, Nishida Y, Nagano A, Tsumura H, Iwamoto Y. World J Surg Oncol. 2016 Dec 8;14(1):306.
  2. Metastatic Prostate Cancer of Hand. Nagano A, Ohno T, Oshima K, Ishimaru D, Nishimoto Y, Ohno Y, Hirakawa A, Miyazaki T, Akiyama H. Case Rep Orthop. 2016;2016:1472932. Epub 2016 Oct 23.
  3. Successful Everolimus Treatment of Kaposiform Hemangioendothelioma With Kasabach-Merritt Phenomenon: Clinical Efficacy and Adverse Effects of mTOR Inhibitor Therapy. Matsumoto H, Ozeki M, Hori T, Kanda K, Kawamoto N, Nagano A, Azuma E, Miyazaki T, Fukao T. J Pediatr Hematol Oncol. 2016 Nov;38(8):e322-e325.

2015年

  1. The Values and Limitations of FDG-PET/CT for Diagnosis of Hibernoma. Park JH, Ogura K, Fujiwara T, Nagano A, Numoto K, Terauchi T, Yoshida A, Kawai A. Case Rep Orthop. 2015;2015:958690. doi: 10.1155/2015/958690. Epub 2015 Dec 13.
  2. MR imaging findings of pilomatricomas: a radiological-pathological correlation. Kato H, Kanematsu M, Watanabe H, Nagano A, Shu E, Seishima M, Miyazaki T. Acta Radiol. 2016 Jun;57(6):726-32. doi: 10.1177/0284185115597717. Epub 2015 Aug 7.
  3. Intraosseous schwannoma of the ilium. Kato H, Kanematsu M, Ohno T, Oshima K, Nagano A, Hatano Y, Nishibori H. Clin Imaging. 2015 Jan-Feb;39(1):161-4. doi: 10.1016/j.clinimag.2014.09.005. Epub 2014 Oct 16.

2013年

  1. Malignant solitary fibrous tumor of the lumbar spinal root mimicking schwannoma: a case report. Nagano A, Ohno T, Nishimoto Y, Oshima K, Shimizu K. Spine J. 2014 Jan;14(1):e17-20. doi: 10.1016/j.spinee.2013.07.463. Epub 2013 Oct 9.

2012年

  1. Matsuhashi A, Ohno T, Kimura M, Hara A, Saio M, Nagano A, Kawai G, Saitou M, Takigami I, Yamada K, Okano Y, Shimizu K. Growth Suppression and Mitotic Defect Induced by JNJ-7706621, an Inhibitor of Cyclin-Dependent Kinases and Aurora Kinases. Curr Cancer Drug Targets 12: 625-639, 2012.

2011年

  1. Lipoblastoma mimicking myxoid liposarcoma: a clinical report and literature review. Nagano A, Ohno T, Nishimoto Y, Hirose Y, Miyake S, Shimizu K. Tohoku J Exp Med. 2011 Jan;223(1):75-8. Review.
  2. Synthetic siRNA targeting the breakpoint of EWS/Fli-1 inhibits growth of Ewing sarcoma xenografts in a mouse model. Takigami I, Ohno T, Kitade Y, Hara A, Nagano A, Kawai G, Saitou M, Matsuhashi A, Yamada K, Shimizu K. Int J Cancer. 2011 Jan 1;128(1):216-26. doi: 10.1002/ijc.25564.
  3. Fan DG, Zhao F, Ding Y, Wu MM, Fan QY, Shimizu K, Dohjima T, Nozawa S, Wakahara K, Ohno T, Guo YS, Ma BA, Jiang JL. BLCAP induces apoptosis in human Ewing's sarcoma cells.Exp Biol Med (Maywood) 236: 1030-1035, 2011.

2010年

  1. EWS/Fli-1 chimeric fusion gene upregulates vascular endothelial growth factor-A. Nagano A, Ohno T, Shimizu K, Hara A, Yamamoto T, Kawai G, Saitou M, Takigami I, Matsuhashi A, Yamada K, Takei Y. Int J Cancer. 2010 Jun 15;126(12):2790-8. doi: 10.1002/ijc.24781.
  2. Kato H, Kanematsu M, Mizuta K, Aoki M, Kuze B, Ohno T, Oshima K, Hirose Y. "Flow-void" sign at MR imaging: a rare finding of extracranial head and neck schwannomas. J Magn Reson Imaging 31: 703-705, 2010.
  3. Ishimaru D, Ohno T, Maeda M, Nishimoto Y, Shimizu K. Chemotherapy-induced oesophageal stricture in a child with osteosarcoma: a case report. Chemother Res Pract 2010: 240763, 2010.

2009年

  1. Extraskeletal osteosarcoma of the thigh: an autopsy case report. Nagano A, Ohno T, Nishimoto Y, Yamada K, Shimizu K. Sarcoma. 2009;2009:186565. doi: 10.1155/2009/186565. Epub 2009 Jun 2.
  2. Simultaneous inhibition of mitogen-activated protein kinase and phosphatidylinositol 3-kinase pathways augment the sensitivity to actinomycin D in Ewing sarcoma. Yamamoto T, Ohno T, Wakahara K, Nagano A, Kawai G, Saitou M, Takigami I, Matsuhashi A, Yamada K, Shimizu K. J Cancer Res Clin Oncol. 2009 Aug;135(8):1125-36. doi: 10.1007/s00432-009-0554-z. Epub 2009 Feb 10.

2008年

  1. EWS-Fli1 up-regulates expression of the Aurora A and Aurora B kinases. Wakahara K, Ohno T, Kimura M, Masuda T, Nozawa S, Dohjima T, Yamamoto T, Nagano A, Kawai G, Matsuhashi A, Saitoh M, Takigami I, Okano Y, Shimizu K. Mol Cancer Res. 2008 Dec;6(12):1937-45. doi: 10.1158/1541-7786.MCR-08-0054.

  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会