診療内容

スポーツ整形外科

スタッフ

整形外科 准教授
松本 和
整形外科 助教
寺林 伸夫
整形外科 助教
小川 寛恭
整形外科 大学院生
川島 健志

概要

スポーツ整形外科の重要な役割として、障害・外傷の治療と予防があります。障害の多くは不適切なコンディショニングから起こっています、まず治療は個々の選手の身体状態を把握することから始めております。手術療法においては内視鏡を用いた低侵襲な治療を積極的に行っております。
予防活動として、我々は地域スポーツ医と協力して超音波を用いた検診活動や、岐阜のウィンターシーズンに多いスノーボード外傷の疫学的調査を行い障害・外傷予防への活動を行っています。

膝・前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷は、膝の不安定性をきたし日常生活動作にも障害をきたしうる外傷で、症状を有する場合は手術適応となります。当科では、スポーツ早期復帰・再発防止・後遺症の予防を目的として解剖学的二重束前十字靭帯再建術を行っています。術前リハビリプログラムや最新の手術手技を導入することで良好な治療成績を得ています。手術の際の入院期間は約10日間で、術後1週間は免荷・固定を行い、その後可動域訓練と荷重訓練を行います。術後1〜2ヶ月で制限なく日常生活が送れるようになり、術後4ヶ月から徐々に運動を開始し、術後6〜8ヶ月で競技スポーツに復帰できます。

膝・半月板損傷

半月板は膝関節のクッションの役割をしているだけでなく関節安定化にも重要な組織で、損傷すると関節不安定性、軟骨損傷、最終的には変形性関節症を引き起こし関節が破壊される可能性があります。また、正常より大きい円板状半月板では受傷率が高いことが知られています。半月板は自然治癒率が低く、症状を有する場合は手術的治療が適応となります。手術方法は半月板切除術と半月板を温存する縫合術がありますが、切除すると半月板の機能が損なわれて関節破壊に繋がる恐れがあるため、当院では積極的に半月板縫合術を行い半月板の温存に努めて良好な成績を得ています。手術の際の入院期間は5〜7日間です。術後1週間は免荷・固定を行い、その後、可動域訓練と荷重訓練を開始します。術後1ヶ月間は90度の屈曲制限を設けます。その後は制限なく日常生活・スポーツに復帰できます。

「膝・スポーツ(靭帯)専門外来」を受診される方へ

他院からの紹介状と一般的なMRI検査結果を持参いただき「膝・スポーツ(靭帯)専門外来」を予約受診していただけると診察をスムーズに進めることができます。「膝・スポーツ(靭帯)専門外来」を直接受診することもできますが待ち時間が長くなることがございますのでご了承ください。

野球肘

成長期の投球障害は主に肘内側部、外側部、後方に障害を認めます。特に外側部では小頭離断性骨軟骨炎から、軟骨損傷を来し重篤な障害となることがあります。これら障害は、まだ骨軟骨の成長過程における小中学生に多く発生し、過度の投球や体の硬さによるコンディショニング不良が原因で発生します。我々は詳細な機能診断により主に理学療法による改善を目指しています。手術が必要な症例においては関節鏡視下クリーニング手術や、骨軟骨柱移植術を行います。

野球検診・超音波検診

成長期の投球障害は早期発見をすることで病状を悪化させる事を予防し、更には適切な保存的治療にて骨軟骨病変を治癒させる機会を得ることができます。我々は地域のスポーツ医の先生と協力し超音波を用いた検診活動を行っています。

スキー・スノーボード外傷診療

多くの山林に恵まれた岐阜県では、冬期になると多くのスキーヤー、スノーボーダーがウインタースポーツを楽しみます。特に長野オリンピック以降の1990年代中頃から急激にスノーボーダーが増加し、それに伴って、スキー・スノーボードに伴う外傷も増加しました。
岐阜県郡上市の白鳳会鷲見病院の周囲には12のスキーリゾートが林立し、多くのスキー、スノーボード外傷患者が同病院に搬送されます。岐阜大学医学部整形外科学教室では、冬期に鷲見病院に整形外科医師を派遣し、スキー・スノーボード外傷に対する初期診療を行っています。下図に示すように、年間1500人前後のスキー、スノーボード外傷患者を診療しており、これまでの総治療患者数は30000人を超えています。当教室では、この膨大なデータをもとに、スキー・スノーボード外傷の特徴、病態を分析し、できる限り安全にスキー、スノーボードを楽しんでいただけるような予防方法と治療方法の確立をめざし、研究と診療に役立てています。


図1 鷲見病院でのスノーボード、スキー外傷数推移

業績リスト

2019年

  1. Ogawa H, Matsumoto K, Akiyama H. ACL degeneration after an excessive increase in the medial proximal tibial angle with medial open wedge high tibial osteotomy. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Jan 17.

2018年

  1. Ogawa H, Matsumoto K, Akiyama H. Coronal tibiofemoral subluxation is correlated to correction angle in medial opening wedge high tibial osteotomy. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2018 Nov;26(11):3482-3490.
  2. Ogawa H, Matsumoto K, Akiyama H. New angle measurement device to control the posterior tibial slope angle in medial opening wedge high tibial osteotomy. Arch Orthop Trauma Surg. 2018 Mar;138(3):299-305.

2017年

  1. Ogawa H, Matsumoto K, Terabayashi N, Kawashima K, Takeuchi K, Akiyama H. Association of lubricin concentration in synovial fluid and clinical status of osteoarthritic knee. Mod Rheumatol. 2017 May;27(3):489-492.

2016年

  1. Matsumoto K, Ishimaru D, Ogawa H, Akiyama H. Black Colouration of the Knee Articular Cartilage after Spontaneously Recurrent Haemarthrosis. Case Rep Orthop. 2016;2016:1238392. 12.
  2. Ogawa H, Matsumoto K, Ogawa T, Takeuchi K, Akiyama H. Effect of Wedge Insertion Angle on Posterior Tibial Slope in Medial Opening Wedge High Tibial Osteotomy. Orthop J Sports Med. 2016 Feb 25;4(2):2325967116630748.
  3. Ogawa H, Matsumoto K, Ogawa T, Takeuchi K, Akiyama H. Preoperative varus laxity correlates with overcorrection in medial opening wedge high tibial osteotomy. Arch Orthop Trauma Surg. 2016 Oct;136(10):1337-42.

2015年

  1. Matsumoto K, Ogawa H, Akiyama H. Multifocal Osteonecrosis Secondary to Chronic Alcohol Ingestion. Case Rep Orthop. 2015;2015:137273.

2012年

  1. Ishimaru D, Ogawa H, Wakahara K, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Hip pads reduce the overall risk of injuries in recreational snowboarders. Br J Sports Med 46: 1055-1058, 2012.

2011年

  1. Ogawa H, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Glenohumeral dislocations in snowboarding and skiing. Injury 42: 1241-1247, 2011.
  2. Ishimaru D, Ogawa H, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Lower extremity injuries in snowboarding. J Trauma 70: E48-52, 2011.

2010年

  1. Yamauchi K, Wakahara K, Fukuta M, Matsumoto K, Sumi H, Shimizu K, et al. Characteristics of upper extremity injuries sustained by falling during snowboarding: a study of 1918 cases. Am J Sports Med 38: 1468-1474, 2010.
  2. Ogawa H, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Skill level-specific differences in snowboarding-related injuries. Am J Sports Med 38: 532-537, 2010.
  3. Ogawa H, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Pelvic fractures resulting from snowboarding. Am J Sports Med 38: 538-542, 2010.

2006年

  1. Wakahara K, Matsumoto K, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Traumatic spinal cord injuries from snowboarding. Am J Sports Med 34: 1670-1674, 2006.
  2. Matsumoto K, Wakahara K, Sumi H, Shimizu K. Central cord syndrome in patients with Klippel-Feil syndrome resulting from winter sports: report of 3 cases. Am J Sports Med 34: 1685-1689, 2006.

2004年

  1. Matsumoto K, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Wrist fractures from snowboarding: a prospective study for 3 seasons from 1998 to 2001. Clin J Sport Med 14: 64-71, 2004.

2003年

  1. Matsumoto K, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. An analysis of hip dislocations among snowboarders and skiers: a 10-year prospective study from 1992 to 2002. J Trauma 55: 946-948, 2003.

2002年

  1. Matsumoto K, Miyamoto K, Sumi H, Sumi Y, Shimizu K. Upper extremity injuries in snowboarding and skiing: a comparative study. Clin J Sport Med 12: 354-359, 2002.

2001年

  1. Dohjima T, Sumi Y, Ohno T, Sumi H, Shimizu K. The dangers of snowboarding: a 9-year prospective comparison of snowboarding and skiing injuries. Acta Orthop Scand 72: 657-660, 2001.

  • 教室紹介
  • 臨床研修
  • 研究・業績
  • 留学
  • 関連病院
  • 関連リンク
facebook 同門会