トップページ > 先輩からのメッセージ > 新人看護師

新人看護師

新人看護師Fさん 2018年入職 岐阜県立看護大学卒業

患者さんが安心して手術に臨めるように支援することを心がけています


  • Q1. 現在のお仕事について教えてください。

    A1. 手術室看護師として器械出しや外回り業務を行っています。器械出しでは、手術がスムーズに行えるように術野を見ながら器械を出します。外回りでは、手術に必要な物の用意や術中のモニタリング、記録などを行います。1年目なので、様々な手術に対応するために、新しく覚えることがとてもたくさんありますが、充実した毎日です。

  • Q2. 仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

    A2. 手術前、患者さんは不安でいっぱいだと思います。術前訪問や麻酔導入前の限られた時間の中で、患者さんとの信頼関係を築き、少しでも安心して手術に臨めるように支援することを心がけています。また、手術を安全に行うことも重要であるため、安全確認を確実に行うように心がけています。まだまだ分からないことばかりなので、予習や復習を行い手術に臨むようにしています。

  • Q3. 看護学生のみなさんへ!

    A3. 毎日の勉強で忙しいと思いますが、実習で患者さんとじっくり関わる時間は貴重です。特に患者さんの気持ちに寄り添い、不安や悩みを共有しながら患者さんの気持ちの変化に関わり、看護を考えていく事は大切な時間だと感じています。ですが息抜きも必要で、時間があるときに色々な経験をしておくといいと思います。有意義な学生生活にしてください!

新人看護師Mさん 2018年入職 岐阜大学医学部看護学科卒業

自分の頑張り次第で成長できる環境がある


  • Q1. 当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

    A1. 実習で何度もお世話になっており、いくつか行った病院の中でも一番雰囲気が良いと感じたこと、卒後教育が充実していることが魅力的だったので入職を決めました。

  • Q2. 仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

    A2. 患者さんやそのご家族に感謝の言葉を頂いたときや患者さんの状態が少しでも良くなったときに感じます。

  • Q3. 看護学生のみなさんへ!

    A3. 実際に入職してみて教育ツールの充実ぶりに驚きました。自分の頑張り次第で成長できる環境が揃っています。また、先輩方も皆優しくて働きやすい職場です。学生の皆さんは試験や実習、卒論、国試と大変なことが多いと思いますが、決して無駄にならないので頑張ってください。

新人看護師Iさん 2018年入職 愛知医科大学看護学部卒業

フライトナースを目指して頑張っています


  • Q1. 当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

    A1. インターンシップで雰囲気が良かったことと教育がしっかりしていることです。学生時代でももちろん勉強をしていますが、医療は日々学ばないといけないです。自分の中では就職してからもその部分で不安がありました。当院のパンフレットには新人に対する教育体制について書かれており、ここならしっかり学べると思って入職を決めました。

  • Q2. 看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

    A2. ドラマの影響ではありますが、フライトナースになりたいと思っています。常に迅速な判断が求められ、死と隣り合わせである現場で、テキパキと動けるところにとても憧れています。また、そんな緊迫した中でも患者や家族の心のよりどころになれるような看護師になりたいと思っています。ドクターヘリに乗れるようになるには、まだまだ道のりは長いですが、日々頑張っています。

  • Q3. へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

    A3. 救急の現場で働いているので、様々な疾患の患者さんがいて、毎日勉強することがたくさんあります。また、急変する患者さんも少なくなく、正しいアセスメントや判断が求められます。そのため、自分の能力不足に気づくたびに落ち込みます。そんな時は同じ部署の同期とご飯を食べに行ったり、趣味や好きなことの時間を作ってストレス発散をしてます。休みの日にちゃんと自分の時間を作ることでバランスを保てるようにしています。

新人看護師Iさん 2018年入職 愛知医科大学看護学部卒業

できなかったことができるようになった時また頑張ろうと思う


  • Q1. へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

    A1. 友達と電話をしたり、ご飯や買い物に行ったり、家で思う存分寝て過ごすとリフレッシュでき、割りと立ち直ることができます。一番は、プリセプターの先輩との技術チェックで、できなかったことができるようになったと実感すると、頑張ろうと前向きに思えます!

  • Q2. 看護学生のみなさんへ!

    A2. 入職後、様々な現実を直視することで理想と現実とのギャップに困惑することがあると思います。しかし、真正面から向き合い的確な指導をしてくださる先輩看護師、たくさんの新人看護師の仲間たち、本当にためになる充実した新人教育等により、昨日の自分より1ランクアップを実感できます。ぜひ私たちと一緒にやりがいのある看護をしましょう。

新人看護師Kさん 2018年入職 朝日大学保健医療学部看護学科卒業

仕事とプライベートにメリハリをつけてます


  • Q1. 仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

    A1. 大変なことが多いですが、受け持ち患者との関わりの中でその人の事を知ることでどんな風に退院に向けた介入を行っていくべきなのかを考え、患者さんに実施した時や退院時に患者さんに感謝の言葉を言ってもらえた時にやりがいを感じます。

  • Q2. 現在のお仕事について教えてください。

    A2. 心臓血管外科や呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科の病棟なので必要とされる知識が多い病棟。分からないことがまだまだ多いですが、自己学習や先輩から教わりながら疾患や介入の仕方を仕事を通しながら日々勉強しています。

  • Q3. へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

    A3. まだまだ慣れない事や分からない事ばかりでへこむことが多いが、休日に友達と遊んだり、趣味に打ち込んで、仕事とプライベートにメリハリをつけて気持ちの切り替えをしている。