説明会・インターンシップ募集要項

EDUCATION教育研修制度

キャリアパス

スペシャリストへのキャリアパス

看護師としての専門知識や技術を段階的に身につけるために、「クリニカルラダー」を用いた教育を行っています。
さらに、看護師としての専門性を極めるゴールまでの道筋をキャリアパスとして示しています。

スペシャリストへのキャリアパス

※キャリアパスとは、看護師としての専門性を極める領域に達するまでの基本的なパターンであり、最終的に目指すべきゴールまでの道筋のモデルである。

当院のスペシャリスト

当院では下記の専門看護師、認定看護師が活躍しています。

専門看護師 2名

がん看護 1名 慢性疾患看護 1名

認定看護師 24名

感染管理 4名 皮膚・排泄ケア 2名
摂食・嚥下障害看護 1名 糖尿病看護 2名
認知症看護 2名 がん化学療法看護 2名
緩和ケア 2名 集中ケア 3名
新生児集中ケア 1名 救急看護 2名
小児救急看護 1名 手術看護 1名
乳がん看護 1名

特定行為研修修了者 2名

スペシャリストへの道!

乳がん看護認定看護師

私は外科病棟に勤務し8年目となります。様々な患者さんと出会い経験を積ませて頂く中で、女性の罹患率一位のがんである乳がんに関心を持ちました。周術期の乳がん患者さんと接する中で、乳房再建や妊孕性温存治療も含め、どのような意思決定をして手術を選択したのかという背景を理解し看護をしていく大切さを感じるようになりました。また、補助療法を行うにあたり、患者さんが困難に感じることは何か、子どもやパートナーとの関わりにどのような悩みを持つのか、どうやって治療と社会生活の両立を行っていくのかという疑問も芽生えました。周術期看護のみならずもっと専門的な知識を身につけたい、乳がん患者さんの人生を支えていきたいという思いを強くし、2019年7月に乳がん看護認定看護師の資格を取得しました。資格取得にあたり、学校の受験準備から認定校での勉強期間中まで、職場から様々な支援を頂きました。自分一人の力で得た資格ではないと思っています。

院内では、乳がん看護認定看護師は初めての資格取得であり、活動していくうえで不安もあります。そのような環境において、「患者さんのために自分は何ができるか」という原点に常に立ち戻り、多職種と協働し、情熱を持って役割を果たしていきたいと考えています。

乳がん看護認定看護師