トップページ > 看護部教育 > 看護部教育方針

看護部教育方針

教育理念

高度医療に対応できる看護実践力の育成

教育目的

看護実践能力、組織役割遂行能力、自己教育・研究能力を備えた実践者を育成する。

教育方針

  1. チーム医療の中で看護の倫理観に基づいて行動できる看護師を育成する。
  2. 高度な医療に対応できる高い看護実践能力を持った看護師を育成する。
  3. 主体的に学びを深め、自己のキャリア開発ができる看護師を育成する。
  4. 患者への医療を継続できるように、地域と連携した看護ができる看護師を育成する。

教育方針1.チーム医療の中で看護の倫理観に基づいて行動できる看護師を育成する。

看護師には日本看護協会の定めた『看護者の倫理綱領』に則った看護実践が求められています。院内研修では、院内倫理スローガン、倫理綱領、倫理事例分析方法について学びます。倫理的な感性を高め、患者の意思決定支援をはじめとする倫理観に基づいた看護を実践することができる看護師を育成します。

教育方針2.高度な医療に対応できる高い看護実践能力を持った看護師を育成する。

1.キャリア開発ラダーを活用した教育

看護専門職としての人材育成のために「キャリア開発ラダー(ラダーレベルⅠ~Ⅳ)」を活用した教育を行っています。卒後1年目はジェネラリストラダーⅠから取り組み、概ね1年間で標準的な治療について理解します。各ラダーは「看護実践能力」「組織的役割遂行能力」「自己教育・研修能力」から構成されており、これらに取り組むことにより看護実践能力の向上ができます。

2.院内・看護部認定コース教育

高度な専門知識・技術を持つエキスパートへの道を目指す意欲的な人材をサポートします。 学べる環境と、力を発揮できるフィールドを整えています。

病院認定コース
集中ケアコース
重症かつ集中治療を必要とする患者の看護を実践できる看護師を目指します。
段階的なフィジカルアセンスメント研修の受講、日々の経験、集中ケア領域のケアの質改善のための活動・研究に取り組むことにより集中ケアコース修了者として病院が認定します。

看護部認定コース

感染対策に関する院内研修や、感染対策委員としての役割発揮により感染対策の実践力を習得します。
さらに、ケアの質改善のためのサーベーランス調査・研究に取り組むことにより感染管理コース修了者として看護部が認定します。

がん看護コース
がん拠点病院に指摘されており、がん看護教育には力を入れています。
ラダーレベルⅡ~Ⅳまで段階的にがん看護研修を受講し、さらに、がん看護領域のケアの質改善のための活動・研究に取り組むことによりがん看護コース修了者として看護部が認定します。
褥瘡ケアコース
段階的な褥瘡ケア研修や、希望者はストーマケア院外研修等の受講もできます。
褥瘡対策委員としての役割発揮により褥瘡ケアの実践力を習得します。
さらに、ケアの質改善のための活動・研究に取り組むことにより褥瘡ケアコース修了者として看護部が認定します。
感染管理コース
感染対策に関する院内研修や、感染対策委員としての役割発揮により感染対策の実践力を習得します。
さらに、ケアの質改善のためのサーベーランス調査・研究に取り組むことにより感染管理コース修了者として看護部が認定します。

教育方針3.主体的に学びを深め、自己のキャリア開発ができる看護師を育成する。

当看護部のジェネラリストのキャリア開発ラダーではレベルⅣが最高レベルですが、看護師のキャリア開発としては最終ゴールではありません。看護職としての専門性を極める領域に達するまでの道のりを「キャリアパス」として可視化しました。キャリアパスでは、例に示したスペシャリストのキャリアパスのように、目指す領域のゴールまでの具体的な役割経験や研修受講についてわかりやすく示しています。また、上司が定期的な面談等を通して、一人ひとりのキャリア開発を支援しています。


例:スペシャリストを目指した具体的なキャリアパス

教育方針4.患者への医療を継続できるように、地域と連携した看護ができる看護師を育成する。

地域包括医療が推進されており、看護師には患者と家族のニーズを考慮した退院支援役割を期待されています。そこで、平成29年度より退院支援教育プログラムを強化しました。患者さんが生活の場に帰ることができる退院支援を、多職種を巻き込んで行うことができる看護師の育成を目指しています。