岐阜大学医学部附属病院がんセンター

トップへ戻る

    文字表示

がんセンター紹介

がんセンターの特徴

トップ > がんセンター紹介 > がんセンターの特徴

がんセンターの特徴

がん年齢に達した患者さんの大部分は、脳血管障害や、心血管障害、糖尿病や、呼吸障害、腎障害、皮膚運動器障害、精神神経障害などの多くの併存疾患を抱えています。 岐阜大学医学部附属病院は「岐阜県がん診療連携拠点病院」に指定されています。更に本院は、上記併存病変に対する専門家はもとより、先進的がん治療の研究・診療を行っています。また重症患者さんに対する救命救急治療センターも併設されており「がんセンター機能」を有した高度医療総合病院といえます。すなわち国立がんセンターなどのがん専門病院の弱点を克服した病院といえます。また、将来の我が国の医療を背負う若い意欲に満ちた多くの優秀な人材を抱えた教育病院でもあることも特徴です。岐阜大学医学部附属病院 がんセンターは大学病院の外に建物があるわけではありません。岐阜大学病院での「各診療科のがんの治療を担当する専門医を中心としたチーム医療」を実現します。

各種部門について

大きく分けて8部門から構成されています。 がんセンターとしての基本は、標準治療の提供のみならず高度先進がん治療の開発と提供であります。さらに、診療面では各科との連携、外科治療や、抗がん剤治療、放射線治療、緩和治療が根幹をなすものと思われます。その治療方針や検討症例を診療科を横断した形の、キャンサーボードを設置し、最善の治療を提供します。さらに画像診断医・病理医の参加を伴う術前術後検討会(キャンサーボードミーティング)は、当センターおよび職員のレベルアップに重要であると思われます。

センター長 吉田 和弘
副センター長 鶴見 寿
キャンサーボード部門長 二村 学
放射線治療部門長 松尾 政之
化学療法部門長 原 武志
緩和ケア部門長 杉山 陽子
臨床研究部門長 古井 辰郎
教育研修部門長 岩田 尚
情報管理部門長 大野 康
病診連携部門長 堀川 幸男