トップページ > 中央診療施設等一覧 > 周産期・生殖医療センター

周産期・生殖医療センター

業務内容

 本センターは、従来、分娩部にて実施していた妊婦、産婦、褥婦及び正常新生児の診療に加え、一般の生殖補助医療及び医学的適応による配偶子(卵子、精子)、受精卵、卵巣の凍結保存等の生殖医療業務を一元管理し、安心・安全な医療を提供することを目的として平成28年度に設置されました。
 本センターでは、次に掲げる業務を行います。

  1. 妊婦、産婦、褥婦及び正常新生児の診療に関すること。
  2. 生殖医療業務に関すること。
  3. その他成育医療業務に関し必要な事項。


ページの先頭へ戻る