トップページ > 中央診療施設等一覧 > リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーションとは「障害の軽減」と「健全な機能・能力の向上」の二つの努力の結果、「人生の質」( quality of life ; QOL )の向上をもたらすものである。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士,義肢装具士、医療ソーシャルワーカー等多職種の力によってチームアプローチが成立している。当院では救急医療に応えるべく、 ICU 、 ACC はじめ、病棟での訓練も積極的に実施している。対象疾患は全科に渡り、小児から高齢者まで多様である。

主な療法

脳卒中・神経疾患の理学療法

脳卒中(脳出血、脳血栓、脳塞栓)、脳腫瘍、脳炎後の患者に対し、急性期より訓練を開始している。体位変換、拘縮予防のための他動運動、自助具の指導に始まり、下肢筋力増強訓練、日常生活動作訓練、歩行訓練,嚥下・言語訓練を実施している。

脊髄・脊髄手術後の理学療法

脊椎固定術、脊髄除圧術、側彎症に代表される脊柱変形の術後等に対し、病棟訓練から開始している。脊柱に負担のかかる動作、車椅子の操作は原則禁止にし、術後脊柱に負担のかからないよう配慮している。ハローベスト装具装着の状態でも起立台訓練から開始している。平行棒内歩行、歩行器による歩行、杖歩行、独歩へと段階的に歩行訓練を実施している。

関節手術後の理学療法

人工股関節置換術、人工膝関節置換術、各種骨切術、半月板や靭帯再建等の術後訓練をクリニカルパスに則り実施している。関節可動域訓練、筋力増強訓練、日常生活動作訓練が主になるが、ボール、セラバンド、重錘ベルト、滑車訓練器、固定自転車こぎ、平行棒など使用しての自主訓練も指導する。また、痛みに対しても選択的筋伸張法、関節モビリゼーション、物理療法を行っている。スポーツ障害の患者も対象にしている。

手の外科作業療法

作業療法というのは、全体の治療の中の重要な要素の 1 つである。当院の作業療法では、主に手の外科の方を対象とし、その他にも脳疾患や神経疾患の方も対象としている。手というのは、日常生活の上でも非常に大事な器官であり、より繊細な動き・感覚が必要とされ、わずかな障害でも不便さを感じることとなる。そのため手の外科の作業療法では、術後早期からの可動域訓練や筋力増強訓練、感覚訓練、自主訓練の指導、さらに良肢位保持・機能改善を目的とした装具作製などにより、手の機能の再獲得を目指している。


ページの先頭へ戻る