利用に関する規則





岐阜大学医学部附属病院Webカルテシステム利用細則

 (趣旨)
第1条 この細則は、岐阜大学医学部附属病院Webカルテシステム(以下「Webカルテ」という。)の運用及び情報資産の取扱いに関する事項を定め、 もって岐阜大学医学部附属病院(以下「本院」という。)と他の医療機関(調剤薬局等を含む。以下同じ。) との間における情報共有の推進及び個人情報の適切な管理に資することを目的とする。

 (定義)
第2条 この細則における用語の意義は、次のとおりとする。  
 「Webカルテ」とは、患者の同意に基づき、本院から許可された他の医療機関において、本院が保有する当該患者の医療情報をWeb上で閲覧できるカルテシステムをいう。  
 「情報閲覧施設」とは、本院からWebカルテの利用を認められた本院以外の医療機関をいう。  
 「利用者」とは、本院及び情報閲覧施設に所属する医師、医療スタッフ、その他の職員のうち、本院からWebカルテの閲覧を認められた者をいう。

 (適用範囲)
第3条 本院及び情報閲覧施設は、安全で良質な医療の提供のみを目的とし、Webカルテを利用するものとする。
 本院及び情報閲覧施設並びに利用者は、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」という。)の規定を遵守するものとする。
 個人情報保護法の適用に関して、情報閲覧施設を同法第7条第2項の「独立行政法人から個人情報の取扱いの委託を受けた者」とみなし、 利用者を同法第8条第2号の「受託業務に従事している者又は従事していた者」とみなして、Webカルテを運用するものとする。

 (Webカルテの機能及び公開範囲)
第4条 Webカルテの閲覧を認められた利用者は、閲覧の同意を得ている当該患者のカルテの閲覧、地域連携パス等の運用を目的とした一部ファイルを添付する機能及び情報交換を目的とした情報記載機能の利用ができる。ただし、情報記載機能の利用については、診療情報提供料等の診療報酬算定ができる情報を記載してはならない。
 Webカルテにおいて公開する情報の範囲は、本院の医療情報システムで保有する医療情報のうち、カルテ記事(SOAP)及び手術記事以外のものとする。

 (Webカルテの管理運営)
第5条 Webカルテの管理運営のため、Webカルテ管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置き、医療連携センター長をもって充てる。ただし、管理運営業務のうち、Webカルテ利用者に係るID、パスワード、乱数表の登録・交付は、医療情報部長の責任において行う。
 管理責任者は、岐阜大学医学部附属病院医療情報システム運用管理規程(以下「規程」という。)第17条に規定する部門システム責任者の責務を負うとともに、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。
 Webカルテの円滑な運用、情報セキュリティの確保及び情報資産の維持に努めなければならない。
 厚生労働省通知「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に従い、Webカルテに保存された情報の真正性、見読性及び保存性を確保し、Webカルテの利用において必要な情報が正確かつ迅速に利用できるよう適正な管理運営に努めなければならない。

 (利用者の範囲)
第6条 Webカルテを閲覧できる者は、本院及び情報閲覧施設に所属する職員のうち、本院からWebカルテの閲覧を認められた者に限定する。ただし、患者がWebカルテを閲覧できる職員を限定して閲覧の同意をした場合は、その特定の職員のみが閲覧できるものとする。

 (利用者の義務)
第7条 利用者は、規程第18条第一号、第二号及び第五号から第九号に規定する責務を負うとともに、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。
 Webカルテを閲覧して得られた医療情報は、診療以外の目的に使用してはならない。また、患者本人若しくは第三者に呈示又は提供してはならない。ただし、裁判所からの命令、その他法令に基づき開示が義務付けられている場合はこの限りではない。
 前号ただし書きの規定に基づき情報を第三者に開示する場合は、事前に管理責任者へ通知しなければならない。  各種データのタウンロード若しくは画面のコピーをしてはならない。
 Webカルテに使用するID、パスワード及び乱数表を他人に譲ってはならない。
 Webカルテへ不正にアクセスしてはならない。
 電子証明書の管理は厳重に行い、端末のセキュリティ対策(ウィルス対策ソフトのインストール、OSのアップデート等)を万全にしなければならない。

 (情報閲覧施設の手続き)
第8条 本院を除く医療機関において、Webカルテの利用を希望する施設の長は、Webカルテシステム利用申請書兼誓約書(別紙様式第1)の原本を岐阜大学医学部附属病院長(以下「病院長」という。)に提出し、病院長の承認を得るものとする。
 管理責任者は、前項に定めるWebカルテ利用の申請があった場合は、申請内容について審査する。ただし、申請内容に疑義がある場合は、医療情報セキュリティ委員会に諮問するものとする。
 前項に規定する申請内容についての審査は、岐阜大学医学部附属病院個人情報保護規程第14条に定める趣旨を踏まえ、個人情報の適切な管理を行う能力を有しない施設を承認することの無いよう、審査しなければならない。
 管理責任者は、第1項の承認に基づきWebカルテ利用環境を構築し、利用者に係るID、パスワード等の発行を医療情報部長に依頼する。
 情報閲覧施設は、Webカルテシステム利用申請書の内容に変更が生じた場合は、その都度、Webカルテ利用変更届(別紙様式第2)の原本を病院長に提出するものとする。
 情報閲覧施設は、Webカルテの利用を停止する場合又は特定の者の利用を停止する場合は、Webカルテシステム利用停止届(別紙様式第3)の原本を病院長に提出するものとする。

 (利用者の手続き)
第9条 本院の職員のうちWebカルテの利用又は利用停止を希望する者は、Webカルテムシステム利用申請書兼誓約書・利用停止申請書(別紙様式第4)の原本を病院長に提出するものとする。
 管理責任者は、前項に定めるWebカルテ利用の申請があった場合は、審査の上、利用者に係るID、パスワード等の発行を医療情報部長に依頼するものとする。
 利用者は、特定の患者の医療情報の閲覧が不要となった場合は、当該患者ごとにWebカルテシステム閲覧停止届(別紙様式第5)の原本を病院長に提出するものとする。
 利用者は、Webカルテのパスワードを紛失した場合は、Webカルテシステムパスワード再発行申請書(別紙様式第6)の原本を病院長に提出するものとする。
5 利用者は、利用の際にWebカルテのアカウントロックがかかってしまった場合は、Webカルテシステムアカウントロック解除申請書(別紙様式第7)を病院長に提出するものとする。

 (閲覧に係る患者の同意等)
第10条 利用者は、Webカルテ上に医療情報の掲載を希望する当該患者との合意の上で、Webカルテシステム閲覧同意書(別紙様式第8)の原本を病院長に提出するものとする。その際、写しを2部作製し、1部は患者へ渡し、1部は情報閲覧施設が保管するものとする。
 管理責任者は、前項に定める患者の同意書を受理した場合は、情報閲覧施設における当該患者医療情報の閲覧環境を構築するものとする。
 情報閲覧施設の利用者は、前項に定める同意書により患者から同意を得る際に、Webカルテシステム閲覧同意撤回書(別紙様式第9)の書式も当該患者へ渡すものとする。
 管理責任者は、前項に定める患者の同意撤回書を受理した場合は、同意撤回する情報閲覧施設及び利用者(以下「利用者等」という。)の範囲を確認し、当該利用者等が当該患者の医療情報を閲覧できないよう措置を講じるとともに、当該利用者等及び当該患者へその旨通知するものとする。  

 (利用停止)
第11条 利用者等が本細則に違反してWebカルテを不正に操作し若しくは故意に又は過失によりWebカルテを損壊した場合は、承認を取り消し、利用を停止するものとする。

附 則
この細則は,平成28年4月1日から施行する。